今回は、「療育」携わる人々に衝撃を受ける題名の本です。

放課後デイサービスの職員として勤務を始めてまもなくこの本と出合いました。この題名を見て「頭をトンカチで叩かれたような感じ」になりましたが、その反面とても興味をそそられました。

内容を簡単にご説明しますと、著者はある放デイを経営なさっていて、著者のお子様は発達障害をがあります。これまでの子育てについて経験から「療育」について感じたことや実践なさっていることが書かれています。あくまでも著者は、「療育」を否定しているわけではなく、「療育」についての捉え方、考え方を実体験から語られています。この本も、一つの参考意見、考え方としてみなさんの引き出しになればと思います。

また、みなさんへご紹介できる本が増えましたら掲載させていただきます。