アームス在宅支援センターの訪問介護員就業マニュアルにある心得その2をお伝えします。

私も人は見かけで判断しないようにしていますが、やっぱり見かけ通りのことが多いことは確かです。

個性を主張することも人生ではとても大切ですが、サービス業としてはハイリスクなので、個性はおしとやかに表現することをおススメします。

 

 

身だしなみ・言葉づかいに気をつけましょう!

 

服装は華美でなく、清潔なエプロンをかけましょう。(清潔感は非常に大切です!)

訪問介護の業務で目立っても意味がないので、ネックレス、時計、指輪などは、控えめにした方がいいです。
利用する側のお客様にとっては無駄な視覚情報ですし介助の危険リスクも高まるので、危険性の高い物はつけないのがBESTです。
エプロンは、もちろん清潔なものをつけるのが基本ですが、理由もなく訪問ごとの枚数を用意することはなく業務内容によって種類を使い分けることの方が重要だと思います。身体介護は動きやすく危険性のないものを選び、家事などの生活援助ではその内容に適したものを選択するのがいいでしょう。
 

長い髪は束ね、長い爪やマニキュアは避けましょう。

あたりまえですが、爪はなるべく短い方がいいです。私たちの仕事は身体に触れることも多い仕事なのでふとした時に傷つけてしまうこともあるのです。高齢者の方によっては皮膚が弱く少しのずれや摩擦で傷を負いやすい方もいます。「スキンテア」とも呼ばれていますが、身体の触れ方にも注意が必要なくらいなので爪はしっかり切っておきましょう。
ネイルはお客様によっては不潔と思われたり良い印象を与えることが難しくなりますので目立たないお手入れ程度に抑えたほうがいいです。
 

ソックスは各自持参してください。(素足での入室は厳禁)

土砂降りの雨天時などで靴下が濡れてしまうことはあったり、業務によってはひどく汚れてしまうこともありますので替えのソックスは用意しておくといいです。
 

自分で使用するタオル・ハンカチは持参してください。

お客様宅によってはタオルを用意してくれることもありますが、基本は持参したものを使ってください。
 

お客様との会話はゆっくりとゆとりを持ち、聞く姿勢が大切です!

前回、お客様の立場を思いやり暖かく接しましょう!でお伝えした通りですが、人間関係は信頼と距離感が大事です。信頼関係を築くには聞く姿勢が求められます。あいづち一つでも相手の印象は変わりますし、相手を思うのであれば心も体も聞く姿勢を整えることを心掛けましょう!そして、伝わり方は言葉一つで180度違って伝わることもありますので、多くを伝えることよりも適切な一言を意識して伝えることが大事です。
 
 
 


まとめ

 
身だしなみや姿、形で印象は大きく変わってしまいます。品物であれば奇抜なデザインや1点物でも売れますが、サービスではそうはいきません。
万人に好かれる必要なないですが、チームケアで行っている以上、個性を光らす場所を間違えてしまってはチームの輪や信用がくずれてしまいます。
お客様や同僚などの仲間を想うのであれば、慎み自分よりも相手を光らせることを意識しましょう!
 
 
次回は、 ~ ホームヘルパー心得 その2 ~ サービス提供にあたり<サービス提供の前> についてお伝えする予定です
 

投稿者プロフィール

山西 賢二
山西 賢二株式会社ARM'S 代表取締役
【 出身 】
 神奈川県横浜市生まれ。
【 趣味 】
 釣り ・ ギター ・ スポーツ観戦
【 映画 】
 戦火の勇気 ・ ペイ フォワード 可能の王国 ・ グリーンマイル
【 心に残った本 】
 きっと、よくなる! ・ サービスが伝説になる時 ・ ありがとうの約束
【 誇れること 】
 人に恵まれたこと。

代表プロフィールの続きはこちら