参加無料「技能実習制度活用による海外の介護人材受入説明会」について

優秀な海外の介護人材を採用するための説明会をご案内します。

日本社会は、少子高齢化により、介護人材が不足しています。
そのため、海外からの人材の採用が現実的になりました。
しかしながら、世界を見渡しても、介護を社会保障としてる国は少ないのが現状です。
せっかく来日しても、教育に時間もかかってしまい、実習生としても不安は隠せません。

当事業は、日本の介護を世界に発信し、日本の介護を支えながら世界の高齢者を
支えることをミッションとして、立ち上がった団体が主催です。
日本の介護を支えている2か国の介護人材教育機関を紹介しますので、
ぜひ、ご参加くださいますようお願いいたします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
開催概要
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

□ 日時 2019年7月5日(金)13:30~15:30(受付開始 13:00~)

□ 場所 シルクセンター・国際貿易観光会館 大会議室
http://www.silkcenter-kbkk.jp/
〒231-0023 横浜市中区山下町1番地

□ 対象 介護・福祉施設人事担当の方
介護サービス事業所・障害福祉サービス事業所に勤務されて
海外人材採用にご関心のある方

先着40名様(1社2名まで参加可能です。)

□ 講師:
・カンボジア
カンボジア日本技術大学学長 石郡 英一(いしこおり えいいち)
http://cijt-jqcc.com/

・中国
中国杭州国際経済合作有限公司 副総経理 陶 咏(TAO YONG)

□ 内容

(1)外国人採用のメリットについて

・ 介護事業における「外国人の介護人材採用」を間違えない方法
・「技能実習制度」・今年から実施される「特定技能制度」が、介護人材不足の救済制度と成り得る「裏事情」
・「外国人の介護特性を見抜く知恵」と「外国人を採用する際のポイント」

(2)「技能実習制度の解説」及び「外国人介護人材の実例の紹介」について

・ 「技能実習制度」を間違えない方法
・ 外国人材の受入が不安だとお考えの方への「受入要件」など
・ 「費用対効果の高さ」や「これまで入国した海外介護人材の実例」

※ 詳細はチラシをご覧ください。
https://www.kanafuku.jp/global-image/units/upfiles/15402-1-20190611160243_b5cff52135d081.pdf

□ 申込方法

(1)申し込み方法
FAX、メール、ホームページにてお申込下さい。
・FAX 03-5491-5006
・ホームページ http://cijt-jqcc.com/meeting03/

(2)申し込み内容
会社名(事業所名)・サービス名・役職名・氏名・電話番号・メールアドレス
参加ご希望日時・参加者数(2名まで)を記入し、お申込みください。

なお、お申込後、主催者から申込受付の連絡をさせていただきます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□ 主催・お問合せ先
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(株)ケアプロデュース /(株)ミューズブレイン
東京都世田谷区玉川3-14-5-3F
TEL 03‐5491-5005 FAX 03-5491-5006