株式会社浜銀総合研究所は、神奈川県内の介護需要の長期推計を行い、神奈川県内の長期的な介護事業の見通しに関する分析を実施しました。
その調査結果をまとめましたので、ご活用ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□ 「介護需要の長期推計に基づく神奈川県内の介護事業の見通しと課題」
  ~急速な需要増と地域差への対応が課題~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1.神奈川県の2045年の介護需要は2017年の1.7倍に増加
2.2045年まで需要の増加が続くのは神奈川県を含め4都県のみ
3.県内地域別では2045年よりも前に需要が減少に向かう地域もある
4.2045年には生産年齢人口に占める介護職員の比率を2倍以上に引き上げる必要がある
5.考察

 ▼調査結果は、次のアドレスからリンクしてください。
  https://www.yokohama-ri.co.jp/html/report/pdf/pdf.html?pdf=ev015