昨今、介護・福祉の現場では、人材の確保や育成、サービスの質の向上が重要な課題となっており、その対応策の一環として、介護・生活支援ロボットの活用が一般化してきております。

介護現場で生産性を高め、介護人材の確保及び育成を図る為のロボット導入支援は、今後もニーズが高まることが予想されますが、一方でロボットメーカー側とロボットを活用する施設側との間でミスマッチが生ていることが課題となっております。

そこで、(公社)かながわ福祉サービス振興会では、課題解決の為に両者への正しい情報提供が不可欠と思い、「介護・生活支援ロボット普及推進協議会」を設立し、県内の施設にロボットの普及・推進活動及び人材育成に取り組んでいます。

このたび、介護・生活支援ロボットメーカーと介護事業所の皆様との交流会を開催します。今後はよりニーズが高まるロボットの最新情報と活用されている事業所からの貴重な体験談をぜひ共有しませんか。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
介護ロボットメーカーと介護・障がい福祉施設との懇親会の開催案内
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

介護・生活支援ロボット普及推進協議会事業の一環として、ロボットメーカーと介護・障がい福祉施設との情報交換を目的とした懇親会(立食パーティー)を下記の通りに開催します。

「ロボット導入前に準備すべきこと」、「ロボットの使い方」、「ロボット導入による介護スタッフの負担軽減の度合い」など気軽にロボットメーカーや実際にロボットを活用している施設との情報交換ができます。

介護・生活支援ロボットに興味がある方は、是非、ご参加下さい。なお、定員がありますので、お申込みはお早めにお願いします。

1 日時
令和元年9月13日(金)18:00~20:00(受付17:30~)

2 会場
ロイヤルホールヨコハマ5階「リビエラ」の間(横浜市中区山下町90番地)
URL https://www.royalhall.co.jp/h_access/index.html

3 アクセス
・みなとみらい線「日本大通り駅」情文センター口・出口3から徒歩2分
・JR根岸線「関内駅」南口から徒歩8分
・横浜市営地下鉄線「関内駅」市庁舎口から徒歩8分

4 対象者
介護サービス事業所、障害福祉サービス事業所 他

5 定員
40名(全体定員は100名)

6 参加費
お一人様6,000円
※活用研究会委員は別途、料金設定がございます。

7 内容(状況により、一部変更になる場合がございます)
・介護・生活支援ロボット普及推進協議会の事業概要について
・ロボットメーカー及びロボット活用施設との情報交換

次のURLより、参加予定の「ロボットメーカー及びロボット活用施設」
をご参照下さい。
ロボットメーカー
https://carerobot.kanafuku.jp/aboutus/member/
ロボット活用施設
https://carerobot.kanafuku.jp/aboutus/workshop/

8 申込方法
次の(1)もしくは(2)どちらかの方法で、お申込み下さい。

(1)FAX申込み
次のURLより、「懇親会申込書」をダウンロードして、記入後は事務局
にFAX(045-671-0295)して下さい。
https://carerobot.kanafuku.jp/global-data/201907170133079.pdf

(2)ウェブサイト申込み
次のURLより、「懇親会の申込フォーム」にお進み下さい。
https://carerobot.kanafuku.jp/action/2019/20190913.html

9 申込期限
8月9日(金)まで(但し、定員に達し次第、締め切ります)

10 参加費の振込み期限
8月23日(金)まで

11 申込み完了までの流れ
ステップ1 FAXもしくはメールで申込みをする。
ステップ2 当振興会より「参加費の請求書」を発送します。
ステップ3 期限までに参加費を振込みして下さい。
ステップ4 振込み確認後、当振興会より「受付券」を発送します。

注意:「ステップ1」だけでは申込み完了になりません。「受付券」が
届いた場合のみ、申込みが完了になります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
お問合せ先
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〒231-0023 横浜市中区山下町23 日土地山下町ビル9階
公益社団法人かながわ福祉サービス振興会
かなふく人財センター 介護ロボット推進本部
TEL:045-662-9538(直通) FAX:045-671-0295
URL:https://carerobot.kanafuku.jp/