障害者事業所基本研修会(利用者の権利を守る個人情報の取り扱い方)を、特定非営利活動法人神奈川県障害者地域作業所連絡協議会が主催し、神奈川県及び関係団体の共催により次のとおり開催しますのでお知らせします。

 

昨今、個人情報の取り扱いについては、行政等は非常に神経質になっています。
結果として支援のために必要な情報も事業者間でさえも共有できないことが多々でてきています。

「個人情報」ということが壁になり、各事業所間での共有した支援ができないなど、そのことによって支援が必要な利用者の方が混乱し困ってしまう現状もあります。
 また、各地でおきている災害の現場でも、安否確認に際して「個人情報保護」の壁が立ちふさがり必要な情報が、支援者に届かず困っている等の話も耳にします。

「個人情報保護」という言葉は多くの場面で耳にしますが、「個人情報保護」が本来持つ意味を私たちはきちんと考えたことがないように思います。

時と場合によっては私たち自身も「個人情報」だから知らなくても仕方がない・・・と思ってしまっていることもあるかもしれません。

日頃、「個人情報」をどう活用しようか悩んでいられる方、SNSの発達で事業所(責任者)が知らないうちに、利用者の方や職員の情報が流れてしまっていることなどに、どう対処していいかわからない等、私達の周りには情報に関する課題が山積しています。

 今回、改めて「個人情報をきちんと活用し、利用者の権利を守りながらの支援をどう作り上げていったらよいのか」を視点に、「利用者の権利を守る個人情報の取り扱い方」というテーマで研修会を開催します。

多くの方の参加をお待ちしています。

 

 日 時:令和元年12月10日(火)13時30分から15時30分まで

 場 所:神奈川県社会福祉会館4階 第一、第二研修室

 定 員:90名(※定員になり次第締切ります)

 参加費:無料

 申込期限:令和元年12月2日(月)

【問合せ先】
神奈川県福祉子どもみらい局福祉部障害福祉課社会参加推進グループ
電話 045-210-4709
ファクシミリ 045-201-2051