在宅での終末期療養支援に対応する介護や医療の専門職に対して、終末期の在宅医療・介護における多職種の連携について必要な知識の習得と向上を図ることを目的としての開催です。

 第1 回研修会では、地域包括支援センター職員、訪問介護事業所、居宅介護支援事業所、訪問看護事業所の職員、その他在宅医療・介護に関わる専門職、市町村職員等に向けて、厚生労働省が本年3月に改訂した「人生の最終段階における医療の決定プロセスに関するガイドライン」でも取り上げられているACP(アドバンス・ケア・プランニング)の理解を深めることをテーマにします。

多職種連携に取り組む介護や医療の関係者のみなさんが、ACPを理解し、意識共有を図ることは、地域包括ケアシステムの深化・推進に資するものです。
地域包括支援センター職員の方をはじめ介護関係者のみなさまも、ぜひ御参加ください。

ダウンロード 平成30年度第1回「終末期における在宅医療・介護連携対応研修会」~アドバンス・ケア・プランニングの理解を深める~」のご案内 神奈川県から左記研修の申込書です。

 

* *************
231-8588 横浜市中区日本大通1
神奈川県福祉子どもみらい局
福祉部高齢福祉課企画グループ
TEL 045-210-1111 内線4836
FAX 045-210-8876
Email fkaigo.48@pref.kanagawa.jp
**************