早期療育普及研修を、次のとおり開催しますのでお知らせします。
本研修では、早期療育における障害理解への援助について、知的障害児、身体障害児それぞれのお子さんの状況をふまえた講義と地域における多職種連携の必要性についての講義を予定しております。

近年、小さく生まれる子どもが増えており、その子どもの在宅生活を支援する上で様々な課題が生じてい ます。今回は、「子どもの福祉サービス」、「障害理解への援助」、「多職種間の連携」という視点から、本研修 を開催します。 「子どもの福祉サービス」…心身障害児療育及び教育に業務として従事している方々に、改めて知っておい ていただきたい基本的な法制度等について、県障害福祉課職員からお話いたします。 「障害理解への援助」…早期療育における障害理解への援助について、肢体不自由児、知的障害児それぞれ のお子さんの状況をふまえ、当センター医師が講義いたします。 「多職種間の連携・協働」…早期療育の分野においては、地域や多職種間における連携・協働がより強く求 められていることから、独立行政法人神奈川県立病院機構より荻原綾子氏を講師にお迎えし、地域・多職種 間の連携について、実践を踏まえ講義をしていただきます。その後、参加者で意見交換を行い、より良い連 携の在り方等について考えていただきます。 心身障害児療育に業務として携わっている皆さんの、明日からの小さなヒントになると思いますので、たく さんの方のご参加をお待ちしております。
 

 日 時:平成31年2月14日(木)9時30分から16時45分まで
 場 所:神奈川県立総合療育相談センター 
 対 象:心身障害児の療育に業務として携わっている方
 定 員:30名程度
     定員になり次第、申込み締切りとなります。
 参加費:無料
 申込期限:平成31年2月7日(木)

平成30年度早期療育普及研修のご案内