横浜市では障害者プラン・「将来にわたるあんしん施策」の一環として、横浜市で活躍していただけるガイドヘルパー等を増やすことを目指し、平成22年度から受講料の助成事業を行っています。

 ・全身性障害者ガイドヘルパー養成研修
 ・知的障害者ガイドヘルパー養成研修
 ・同行援護従業者養成研修(一般課程)
 ・行動援護従業者養成研修

※全身性障害者ガイドヘルパー養成研修、知的障害者ガイドヘルパー養成研修は、神奈川県内で開催された研修に限ります。
※同行援護従業者養成研修(応用課程)は対象外です。

 

 平成30年度は、申請者多数のために早期受付終了とさせていただきました。
 今年度も昨年度と同様多くのご申請が見込まれますので、申請予定の方はお早めにご申請ください。

 なお、ご申請から実際の助成金振込まで、およそ2~3か月かかります。
 

申込要件と方法一覧
申請期間

研修修了後、1年以内

就業期間
  • 研修修了日と就業開始日のいずれか遅い方の日を起算日として3か月以上
  • 申請時も継続して就業していること
就業先事業所 各サービスの指定(登録)を受けている横浜市内の事業所
サービス提供実績

修了した研修に対応する障害種別の利用者に対するサービス提供が1回以上

対象者要件
  • 申請時に横浜市民であること
  • 雇用形態が人材派遣形態でないこと
  • 他の助成機関等から本研修に関わる助成を受けていないこと
    (就業先が受講料を負担している場合も対象外です。)
  • 平成28年度以降に申請し、本助成を受けたことがないこと
    (平成27年度以前に助成を受けた方は再申請が可能です)
  • 暴力団員でないこと
助成額

研修受講料のうち、上限2万円まで
(必須のテキスト代及び実習費、消費税を含む。千円未満は切り捨て)
予算額は500万円です。上限に達し次第終了のため、要件を満たす方はお早めにご申請ください。

申請方法

次の1~5の申請書類を下記送付先へお送りください。

  1. 受講料助成金交付申請書(第1号様式)
  2. 受講料支払証明書(第2号様式)
  3. 就業証明書(第3号様式)
  4. 受講修了証明書の写し
  5. 横浜市民であることが証明できる本人確認書類(住民票・運転免許証のコピーなど)
※申請を受理した書類の返却は行いません。あらかじめご承知おきください。
問い合わせ・
申請書類送付先

〒231-0021
横浜市中区日本大通18番地KRCビル6階
横浜市健康福祉局障害福祉課事業者育成担当
電話:045-671-2402
ファクス:045-671-3566

注意事項
  • 申込が当初予算額(500万円)に達した時点で、この助成事業は受付終了となります。
    条件を満たしている方は、お早めにご申請ください。
  • 申請書の誤記載により、修正を依頼する場合がございます。申請書を送付する際には
    今一度ご確認ください。
    (例:消えるボールペンでの記入、スタンプ印の押印、必要書類の未封入等)

 

 今年度も、神奈川県内各所で『ガイドヘルパー等養成研修』を開催しています。
 研修を受講する際は、各研修実施機関に直接お申込みください。
 ※研修実施機関の一覧については神奈川県ホームページをご覧ください。

ガイドヘルパー養成研修(神奈川県ホームページ)
http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f3955/

同行援護従業者養成研修、行動援護従業者養成研修(神奈川県ホームページ)
http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f3954/  

______________________
横浜市健康福祉局障害福祉課
TEL 045-671-2402(居宅・入浴)
    045-671-2401(移動支援)
FAX 045-671-3566