第5回 一般財団法人オレンジクロスシンポジウム

■日時:2019年7月19日(金) 14時~17時30分
(14時~14時45分は、エピソードコンテスト表彰式)

■場所:TKPガーデンシティPREMIUM京橋 ホール22D
(東京都中央区京橋2-2-1 京橋エドグラン22階)
https://www.kashikaigishitsu.net/facilitys/gcp-kyobashi/access/

■テーマ:医療だけで健康は創れるのか
―「社会的処方」の活動を手がかりに、生老病死を住民の手に取り戻そう―

■演者:
座長 堀田聰子氏(慶應義塾大学大学院 健康マネジメント研究科 教授)
   後藤励氏(慶應義塾大学大学院 経営管理研究科 准教授)
   近藤尚己氏(東京大学大学院 医学系研究科健康教育・社会学分野 准教授)
   澤登久雄氏(社会医療法人財団 仁医会 牧田総合病院 地域ささえあいセンター センター長)
   長嶺由衣子氏(東京医科歯科大学大学院 医学部付属病院 総合診療科 特任助教)
   三上はつせ氏(医療法人社団 つくし会 新田クリニック 看護師長)

■参加費:無料

■定員:80名(先着順)

■概要:
健康は医師や専門職の手のなかにあるのでしょうか。
昨今、人とひととのつながりや領域・世代を超えたさまざまな主体の協働を通じた、
よりよく生ききることができる地域づくりが広がりつつあります。
他方、医療機関等においては、健康の社会的決定要因への対応に目を向け、
患者の非医療的ニーズについては地域における多様な活動やボランティア・グループなどの地域資源に橋渡しし、
より患者が主体的に自立して生きていけるよう支援する取組みが始まっています。
「社会的処方」(*)と称してこうした活動を推進する英国の潮流を手がかりに、改めて健康の概念を問い直し、
地域共生社会実現に向けたチャレンジを議論します。 

(*)社会的処方とは…
社会的・情緒的・実用的なニーズを持つ人々が(時にボランタリー・コミュニティセクターによって提供されるサービスを使いながら)、
自らの健康とウェルビーイングの改善につながる解決策を自ら見出すことを助けるため、家庭医や直接ケアに携わる保健医療専門職が、
患者をリンクワーカー(link worker)に紹介できるようにする手段。患者はリンクワーカーとの面談を通じて、
可能性を知り、個々に合う解決策をデザインする。

■お申し込み:下記URLにアクセスしてお申し込み下さい
https://ssl.form-mailer.jp/fms/9deb63d8605851

■お問い合わせ先:一般財団法人オレンジクロス事務局