リコールで入院していた愛車が退院。おお…待ってたぞ。一週間の入院 仕事の移動で車は必須なので代車を希望すると「軽トラでいいですか?」

「けっ軽トラ?」驚きましたが 代車が無いと仕事に支障が出るので 借りることになりました。

※画像はイメージです。

このタイプの軽トラ。ちょっと 楽しみにしていましたが1日で もういいや という気持ちになりました。リクライニングは無いわ、振動は激しいわ最悪でした。これでお仕事される方はそれが当たり前なのでしょうが、結構大変だと思いました。

ちょっと良いこともありました。普段 道を譲ってもらわないようなところで軽トラのドライバーが譲ってくれたこと。軽トラ仲間?よくわからないけどありがとう。

自分の車には 気に入って乗っていますが 乗り心地は良いとは言えません。娘を乗せていると いつも横で激しく揺れています。

何でもそうですが 少し辛い経験をすると 今のありがたさがわかることがあります。

今回の軽トラ代車事件は 今の私の車をもっと愛せる良いきっかけになりました。

さて、軽トラと言えば…

先日、アームス放課後等デイサービスの送迎でトラブルが。児童を迎えに行っているドライバーから

「車が坂道で止まった!動けない!助けて!」と連絡が来ました。

男性職員と車で移動中だったので すぐに駆け付けました。急な坂道を左折出来ず止まっているアームスの車両を発見。

坂を登っているときに坂の上から全速力で自転車が降りてきたのを回避してハンドルを切ったそうで そこから動けなくなったと。

私が代わって運転しましたが 後輪が滑ってキュルキュルと音が出るだけで進めず 何度かやっているうちにタイヤから煙が出たり何やら変な臭いがしてきたので やむを得ず保険会社に連絡→レッカー車を待つことになりました。

児童のご家族の方、ご近所の方が 心配し出て来て下さいました。ご迷惑おかけして申し訳ございません。

少しすると 男性がこちらに来て「車で引っ張りましょうか?」と、「ありがとうございます、今レッカー車待っています、ご迷惑おかけしてすみません」と言うと「そうですか」と言いながらお宅に入って行こうとしました。「お待ちください!レッカーキャンセル出来るか連絡してみます」

結果レッカー車はキャンセル出来たので その方にお願いすることになりました。

そこで軽トラ登場。ロープを繋げてくださり準備完了。「私は何をすればよろしいでしょうか?」

「ゆっくりアクセル踏んでくれればいいですよ」

とても優しい方でした。「神!」

すぐに車が坂を登ることができ 安全が確認出来ました。「本当に助かりました。ありがとうございます。失礼ですがお名前を伺ってもよろしいでしょうか?」と言うとその方は そのまま手を振ってその場を立ち去って行かれました。「神!」

出て来たお宅がわかっていたので 後日 お礼に伺いましたが 「お礼はいらないよ」と玄関先に出てこられなかったのでご家族の方に無理を言わせてもらいお礼の品をお渡ししました。

その後も保険会社とやり取りがあり 今後の車の整備等 ご親切にご指導頂きました。レッカー会社からも安全の確認の連絡、最後はいつもお世話になっている代理店の担当の方から携帯電話に ご連絡がありました。「小田さんが事故に遭われたんですか?大丈夫ですか?」「私ではないです。他の職員のハンドルミスです、私がそんなことするわけないじゃないですか~」なんて話をしました。 ご心配おかけして申し訳ございません、Tさん。わざわざお電話ありがとうございました。本来はTさんに お世話にならないことが一番なのですが お仕事とはいえTさんはいつも丁寧にご対応してくださっています。ありがとうございます。

アクシデントは急に起こります。今回は運が良かったと思います。偶然通りかかったご近所の方、保険会社の方の適切なアドバイス、代理店の方アフターケア みなさんのあたたかいご協力で困難を乗り切れたことに感謝しております。

緊急時の際の物品準備、対応等 職員で話すことも出来ました。(ロープは大事)

でもでもでも私の愛車は 車検間近なのに また長期の入院になることでしょう。