毎日、暑いですね

暑いというのも嫌なくらい

とっても気の利く職員がみんなに塩分チャージタブレッツを買ってきてくれました

ありがとう!

お店でみかけるけど、コレ結構売れてる商品らしい

塩分チャージ 熱中症予防 タブレッツ クエン酸

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ラムネみたいでおいしい

水に溶かしてもいいみたい

 

ではでは、

ここからは、注意喚起です

熱中症は、

高齢者、障がい者はもちろん、ケアする側も水分は気を付けていきましょう

ちなみに、高齢者の方は、緑茶がお好きですが、

利尿作用のある飲み物は、できるだけ夏は避けて麦茶などに変更してください。

気温が下がる夜間帯も十分に気をつけてください。

必ず枕元に水分を用意して退室してください。

タクシーや送迎中の車内温度には十分に配慮が必要です

水分の促しは、活動の合間に必ずしてください。

*注意点*

○ 気温・湿度などの環境条件に配慮し、活動等の中止や延期、見直し等柔軟に対応すること。
○ 活動前、活動中、終了後等にこまめに水分や塩分を補給し、休憩を取るとともに、利用者への健康観察など健康管理を徹底すること。
○ 熱中症の疑いのある症状が見られた場合には、早期に水分・塩分補給、体温の冷却、病院への搬送等、適切な応急手当等を実施すること。
○ 熱中症事故は、屋内での活動中においても発生しており、また、体がまだ暑さに慣れていない時期、それほど高くない気温(25~30℃)でも湿度等その他の条件により発生していることに留意すること。

 

*以下、熱中症についての注意喚起のリーフレットや環境省予防サイトの情報提供です

【参考資料】

○厚生労働省熱中症予防リーフレット
 https://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-10901000-Kenkoukyoku-Soumuka/0000124640_1.pdf

○環境省熱中症予防情報サイト
 http://www.wbgt.env.go.jp/

○「熱中症環境保健マニュアル2018」(平成30年3月改訂 環境省)
 http://www.wbgt.env.go.jp/heatillness_manual.php