ある日のこと。プレイルームの名物だったハンモックがなくなり、ここ数日少し寂しくなっていました。

そんな時、「これ何か使える?」と社長から廃材が・・・

職員間では「えーーー?」「どうやって使えばいいかな」などなど、あまり前向きな声が聞かれず(汗)

どうしたらいいものかと頭を悩ませながらひとまずプレイルームへ運びました。

ですが、この廃材を見た子供たちは大喜び!!!

「雪だ~(^^)/」と、喜んでばらまいてくれました(^^♪

子供の感覚というのは素晴らしいもので、何事にも前向きに柔らかく捉えています。

そんな子供たちの笑顔に、私たちは日々たくさんのことを学ばせてもらっています(^_-)-☆

たくさん遊んだあとはきちんとお片付け。

特に中学生、高校生の子が大活躍でした!

次はどんな遊びが生まれるか・・・楽しみです。