障害児相談支援サービス

障害児相談支援 児童福祉サービス

障害児相談支援サービスのご案内
(児童福祉法に基づく障害児相談支援事業)

障害児相談支援サービスとは

障害児相談支援サービスは、障害児通所支援の給付決定に当たり、相談支援専門員が障害児支援利用計画についての相談支援や通所支援事業者等の関係機関との連絡調整等の支援を行います。

相談支援専門員とは

相談支援専門員は、保健・福祉・医療の分野で、5年以上の実務経験と相談支援従事者初任者研修修了の要件をいずれも満たした者をいいます。
相談支援専門員は、障がいのある人が自立した日常生活、社会生活を営むことができるよう、障害福祉サービスなどの利用計画作成や地域生活への移行・定着に向けた支援、住宅入居等支援事業や成年後見制度の利用に関する支援など、障がいのある人の全般的な相談支援を行う専門職です。

ご利用のご相談は、
TEL 045-520-3183 又は、メールフォーム より、お気軽にお問い合わせください。

アームスの障害児相談支援サービス

私たちの想い

私たちはお客様の声に耳を傾け、「安心・希望・安らぎ」 を感じていただけるよう真心を込めてサービスを提供します。

アームスの特長

1.臨機応変な対応ができます
小さな組織の強みを活かして、柔軟且つきめ細やかな配慮で在宅生活を支えます。

2.男性、女性共に活躍しています
個々の強みを活かし、お互いに助け合うチームワークの良い少数精鋭の事業所です。

3.志の高い自慢の相談支援専門員がいます
経験が多くとも初心を忘れず、お客様との新たな出逢いに新たな気持ちで接します。

サービスのご案内

サービス内容

≪障害児支援利用援助≫
障害児通所支援の利用申請手続きにおいて、障害児と保護者の心身の状況や環境、意向などを踏まえて「障害児支援利用計画案」の作成を行い、支給決定後のサービス事業者等との連絡調整の上、「障害児支援利用計画」の作成を行います。

≪継続障害児支援利用援助≫
利用している障害児通所支援について、一定期間ごとにサービス等の利用状況の検証を行い、「障害児支援利用計画」の見直しを行い(モニタリング)その結果に基づき、計画の変更申請などを勧奨します。

対象者

身体障害・知的障害・精神障害・難病患者等の障がい者

サービス提供エリア

横浜市瀬谷区 ・ 旭区

利用料

無料
相談支援専門員に係る費用は、計画相談支援給付から全額給付される為、自己負担はございません。

サービス利用までの流れ

1、受付・申請

お住まいの区役所の児童福祉サービスを担当する、こども家庭支援課の窓口に、サービス利用の申請を行います。

下矢印2、障害児支援利用計画案の提出依頼・契約

指定障害児相談支援事業者(アームス在宅支援センター)を区役所へ届け出たうえで、アームス在宅支援センターと作成依頼の契約をします。

下矢印3、障害児支援利用計画案の作成・提出

相談支援専門員が、お伺いした内容を踏まえ障害児支援利用計画案を作成し、区役所へ提出します。

下矢印4、面接調査

区役所の担当者の方が利用要件を満たしているかの確認や希望されている利用内容などのお話を伺います。 その後、支給が適切かどうかの審査が行われます。

下矢印5、受給者証の交付

審査の結果、支給が適切と判断された場合は、受給者証が届きます。

下矢印6、障害児支援利用計画の作成

相談支援専門員は、施設の見学やサービス担当者会議を開催するなどしてサービス事業者等との連絡調整を行い、「障害児支援利用計画」を作成します。

下矢印7、障害児支援利用計画の提出

相談支援専門員は、児童と保護者が同意された「障害児支援利用計画」を区役所に提出します。

下矢印8、利用契約・サービス開始

受給者証を利用予定の事業者や施設に提示して利用を申し込み、契約を結んでからサービスが開始されます。

相談支援専門員のご紹介

花ライン

わたしたちがアームスです

花ライン

今の思いを聞かせてください。

人との出会いを大切にします。

花束

はじめまして、杉本と申します

瀬谷に住んで30年。
3人の息子の子育てをしながら多くの方に支えていただきました。
自然がたくさんあるほっこりとしたこの瀬谷で誰かの力になれたらと思いました。
医療との連携にも力を入れながらフットワークの軽い相談支援専門員になれるように一生懸命がんばります。

出 身:富山県
星 座:やぎ座
好き:食べること・卓球

  • 介護福祉士
  • 介護支援専門員

スタッフ ケアマネジャー紹介

はじめまして、浅見と申します

アームス在宅支援センターに来て3年になります。
これまで、様々な方々に多くのことを教えていただきありがとうございました。
私たちの未来も出逢えた方々の数だけあると思います。
これからもよろしくお願いします。

出 身:横浜
星 座:さそり座
好き:ドライブ

  • 社会福祉主事任用資格
  • 介護福祉士
  • 介護支援専門員
  • 社会福祉士
  • 精神保健福祉士
  • 相談支援専門員

スタッフ ケアマネジャー紹介

よくあるご質問(障害児相談支援サービス)

お寄せいただくことの多いご質問とその回答をまとめてみました。

お問い合わせいただく前にご覧いただき参考にしてください。

サービスについてのご質問は、お問い合わせフォームからも承っております。

A 特定相談支援サービスは、障害福祉サービスの利用申請に当たり、相談支援専門員がサービス等利用計画についての相談などの支援を行い、サービス事業者等の関係機関との連絡調整などの支援を行うサービスです。
障害児相談支援サービスは、障害児通所支援の給付決定に当たり、相談支援専門員が障害児支援利用計画についての相談支援や通所支援事業者等の関係機関との連絡調整などの支援を行うサービスです。
A 相談支援専門員は、保健・福祉・医療の分野で、5年以上の実務経験と相談支援従事者初任者研修修了の要件をいずれも満たした者をいいます。障がいのある人が自立した日常生活、社会生活を営むことができるよう、障害福祉サービスや児童福祉サービスなどの利用計画作成や地域生活への移行・定着に向けた支援、住宅入居等支援事業や成年後見制度の利用に関する支援など、障がいのある人の全般的な相談支援を行う専門職です。
A 詳しくは、障害福祉サービスとは(障害者総合支法に基づく障害福祉サービス)児童福祉サービスとは(児童福祉法に基づく児童福祉サービス)をご覧ください。
A サービスの選択はご本人様のご希望で決めます。
ご本人様、ご家族様、相談支援専門員と相談して適切なサービスを選択します。
A 平成31年度からは横浜市で障害福祉サービスや児童福祉サービスを利用する場合は計画の作成が必須となります。
サービス等利用計画及び障害児利用計画はご本人様やご家族様が自己作成(セルフプラン)することもできますが、区役所への書類の提出やサービス事業所との連絡・調整等を全てご本人様やご家族様が行うことになりますので介護保険のケアプランと同じく自己作成される方は少ないです。
A 原則として特定の相談支援専門員を指名することはできませんが最大限の配慮をします。
相談支援専門員の交代をご希望の際はご遠慮なくご相談ください。

横浜市瀬谷区の地域密着事業所
障害児相談支援サービスはアームス在宅支援センターにお任せください。

2018年3月の障害児相談支援サービス開始以来、皆様方の温かい支えの元、アームス在宅支援センターが今日に至ることを深く感謝いたしております。

これからも、お客様の声に耳を傾け 「安心・希望・安らぎ」 を感じていただけるよう真心を込めてサービスを提供してまいります。

一人でも多くの方々に出逢えることを楽しみに、ご用命を心よりお待ちしております。

アームスのサービス提供 一覧

アームスにお任せください 横浜市瀬谷区瀬谷2-51-7 045-520-3183

事業所 所在地(アクセス)

アームス在宅支援センター(相談支援事業部)

〒 246-0031
神奈川県横浜市瀬谷区瀬谷2-51-7
TEL:045-520-3183
FAX:045-520-3583

【 提供サービス 】
特定相談支援サービス障害児相談支援サービス

タイトルとURLをコピーしました