障害児相談支援サービス

障害児相談支援サービスのご案内
( 児童福祉法に基づく障害児相談支援事業 )

障害児相談支援

障害児相談支援サービスとは

お客様と相談支援専門員の絵
指定障害児相談支援サービスは、障害児通所支援の給付決定に当たり、相談支援専門員が障害児支援利用計画についての相談支援や通所支援事業者等の関係機関との連絡調整などの支援を行います。

相談支援専門員とは

相談支援専門員は、保健・福祉・医療の分野で、5年以上の実務経験と相談支援従事者初任者研修修了の要件をいずれも満たした者をいいます。
相談支援専門員は、障がいのある人が自立した日常生活、社会生活を営むことができるよう、障害福祉サービスなどの利用計画作成や地域生活への移行・定着に向けた支援、住宅入居等支援事業や成年後見制度の利用に関する支援など、障がいのある人の全般的な相談支援を行う専門職です。

サービスのご案内

サービス内容

障害児支援利用援助

障害児通所支援の利用申請手続きにおいて、障害児と保護者の心身の状況や環境、意向などを踏まえて「障害児支援利用計画案」の作成を行い、支給決定後のサービス事業者等との連絡調整の上、「障害児支援利用計画」の作成を行います。

継続障害児支援利用援助

利用している障害児通所支援について、一定期間ごとにサービス等の利用状況の検証を行い、「障害児支援利用計画」の見直しを行い(モニタリング)その結果に基づき、計画の変更申請などを勧奨します。

対象者

身体障害・知的障害・精神障害・難病患者等・障がい児

サービス提供エリア

横浜市瀬谷区 ・ 旭区 ・ 泉区、大和市の一部
 横浜市瀬谷区・旭区・泉区・大和市の地図

利用料

無料
相談支援専門員への相談等に係る費用は、障害児相談支援給付から全額給付される為、自己負担はございません

サービス利用までの手順

1、受付・申請

お住まいの区役所の児童福祉サービスを担当する、こども家庭支援課の窓口に、サービス利用の申請を行います。

下矢印2、障害児支援利用計画案の提出依頼・契約

指定障害児相談支援事業者(アームス在宅支援センター)を区役所へ届け出たうえで、アームス在宅支援センターと作成依頼の契約をします。

下矢印3、障害児支援利用計画案の作成・提出

相談支援専門員が、お伺いした内容を踏まえ障害児支援利用計画案を作成し、区役所へ提出します。

下矢印4、面接調査

区役所の担当者の方が利用要件を満たしているかの確認や希望されている利用内容などのお話を伺います。 その後、支給が適切かどうかの審査が行われます。

下矢印5、受給者証の交付

審査の結果、支給が適切と判断された場合は、受給者証が届きます。

下矢印6、障害児支援利用計画の作成

相談支援専門員は、施設の見学やサービス担当者会議を開催するなどしてサービス事業者等との連絡調整を行い、「障害児支援利用計画」を作成します。

下矢印7、障害児支援利用計画の提出

相談支援専門員は、児童と保護者が同意された「障害児支援利用計画」を区役所に提出します。

下矢印8、利用契約・サービス開始

受給者証を利用予定の事業者や施設に提示して利用を申し込み、契約を結んでからサービスが開始されます。

お気軽にお問い合わせください TEL 045-489-3586 営業時間 : 9 : 00~17 : 00 定休日 : 土日 ・ 祝日

お客様の声をお聞かせください

お客様の声、お聞かせください

よくあるご質問です(FAQ)

Q&A よくあるご質問 question-and-answer

アームスブログ

スタッフブログ 代表ブログ ヘルパーブログ ケアマネブログ 放デイブログ 相談ブログ 介護タクシーブログ
PAGETOP
Copyright © 株式会社ARM’S All Rights Reserved.